[幼馴染のお姉ちゃんが我が家のメイドになったらご奉仕してくれた]の内容を無料体験版60枚立ち読みでチェック【スタジオ山ロマンの巨乳同人】

スタジオ山ロマンの巨乳同人「幼馴染のお姉ちゃんが我が家のメイドになったらご奉仕してくれた」で裕馬が真白のオッパイを揉んでいるシーン

幼馴染のお姉ちゃんが我が家のメイドになったらご奉仕してくれたの完全版【FANZA公式】はコチラから。

今回無料立ち読みしたスタジオ山ロマンさんのオリジナル巨乳同人【幼馴染のお姉ちゃんが我が家のメイドになったらご奉仕してくれた】の内容:

ヒロイン:千石真白=身長166cm、3サイズB94(Gカップ)、W58、H93cm。主人公の裕馬の二つ年上の幼馴染で可愛くて巨乳な女の子。

ストーリー:主人公の一条裕馬はメイドとして働く幼馴染の真白の声で目を覚ます。

真白は一条家でメイドとして働き始めて1ヶ月以上になるのだが、裕馬は未だにこの関係に慣れていなかった。

裕馬の家は大企業を経営する裕福な家庭なのだが、取引先の一つが真白の父親が経営する会社だった。

しかし、事業に失敗してしまい、さらに両親が夜逃げして一人ぼっちになってしまった真白を裕馬の両親が可愛そうに思い援助することに。

裕馬の両親は無償で援助するつもりだったのだが、真白はそれでは申し訳ないとメイド服を調達して来て、この家で働きながら暮らすことになったのだった。

彼女とは十年来の仲なので、真白は昔のように良く抱き付いてくるのだが、見事に成長した巨乳を押し付けられると裕馬は思わず興奮してしまう。

そんな裕馬は真白で妄想オナニーするのが日課になっていたのだが、もはやそれも我慢の限界に達していた。

そんなある日の夜、裕馬は真白に勉強を見てもらっていたのだが、ふと彼女を見るとけだるそうに肩を揉んでいた。

そこで裕馬は真白の方を揉んであげることに。

すると気持ち良さそうにする真白に我慢できず、裕馬は無意識にオッパイを揉んでしまっていた。

もはや止まらなくなってしまった裕馬が今度は生オッパイを揉み始めると、真白も受け入れてくれて、さらには手コキまでしてくれることに…。

・あわせて読みたい
スタジオ山ロマンの爆乳同人「黒髪清楚ビッチ なでしこ」で直樹が撫子と騎乗位でセックスしているシーン

当記事以外の爆乳・巨乳の無料エロ漫画&同人をチェックしたい方は以下のリンクをクリックしてください。

爆乳・巨乳の無料エロ漫画&同人一覧をチェック。

【Sponsored Link】

PR【同人最大80%OFF】FANZA!今週のセールで売れてる人気同人

Yotaroこの記事を書いたYotaroです。AVやイメビ、同人&エロ漫画を購入し、見続けること20年超。多くの画像を使用して作品を紹介することで、私のようなジャケ買い損を少しでも減らせればと思っています。