星憑ネオン。「孕ませ膣出し3兆円」の内容を1話無料立ち読み18枚でチェック【エロ漫画】

孕ませ膣出し3兆円の完全版はコチラから。

今回無料立ち読みした星憑ネオン。先生のエロ漫画【孕ませ膣出し3兆円】の内容:

主人公の森田誠二が派遣先の会社で清掃の仕事をしていると、鳳部長がやって来て、仕事ぶりをほめてくれた。

誠二が用を聞くと、鳳部長は今夜、とあるお通夜に派遣会社の代表として行ってほしいと頼んできた。

誠二はなぜ自分が?と不思議に思いつつもお通夜に行くことに。

するとそのお通夜会場は見たこともないほど大きく、誠二は驚いてしまう。

参列者の話を聞くと、どうやら総資産額3兆円という鳳グループの創業者・鳳友禅のお通夜らしかった。

誠二はお通夜に参加したものの、参列者は故人を偲ぶことよりも遺産のことばかり気にしていた。

そんな空気に耐え切れなくなった誠二は「うるさいっっ」と声を荒げ席を立つ。

誠二が廊下で思わず声を荒げてしまったことを反省していると、綺麗な女性が声をかけてきた。

その人は鳳グループの社長の椿妃で、この人が誠二をお通夜に呼んだ張本人だった。

2人が立ち話をしていると、故人を思い出した椿妃が泣き出したので、誠二はハンカチを差し出す。

すると椿妃は誠二に抱き付き、思いっきり泣き始めた。

その後、泣き止んだ椿妃は「ちょっと付き合ってくれない?」と誠二をトイレの個室へと連れて行くと、なぜかチンポをしゃぶり始める…。

【Sponsored Link】

PR【エロ漫画最大80%OFF】現在セール中の人気作をチェック!DLsite