[新堂エルの文化人類学]の内容を1話無料立ち読み41枚でチェック【巨乳エロ漫画】

巨乳エロ漫画「新堂エルの文化人類学」で直海がアヘ顔でイっているシーン

新堂エルの文化人類学の完全版【DLsite公式】はコチラから。

今回無料立ち読みした新堂エル先生のエロ漫画【新堂エルの文化人類学】の内容:

――8月14日の深夜、満月の夜 神衣那村の「山下り」が開催

この秘祭の見学を特別に許可された斎教授、さくらさん、と私。

後者2名は訳あって参加者ですが…――

山下りに参加することになった桜と直海は襦袢とフンドシに着替え、神社の祭壇まで米俵のお供え物を運ぶことに。

道中、水をぶっかけられたり、榊の枝で身を清められたりと苦労しながら、祭具殿にたどり着く。

そこで豊作と村の繁栄を願うのだが、2人がこの祭りに参加したのは実は別に理由があったからだ。

それはこの祭りの裏にある「何か」を見ることだった。

斎教授は「本当に神様が降りてくるお祭りだからな」と言っていた。

その後、豊作と村の繁栄を願い終えると、祭殿の中から霧が発生する。

するとその霧の匂いを嗅いだ2人はどんどん体が熱くなってくるのを感じる。

2人が出口の方を見ると天狗のお面をかぶった男たちが入ってきた。

男たちは「おぉ、巫女さま 降りて来られた 準備はいいべ?」と言うと、直海と桜のカラダを触り始める。

すると2人ともどんどん気持ち良くなってきてしまい…。

当記事以外の爆乳・巨乳漫画&同人の無料立ち読みをチェックしたい方は以下のリンクをクリックしてください。

爆乳・巨乳漫画&同人の無料立ち読み記事一覧をチェック。

【Sponsored Link】

【基本プレイ無料で暇つぶし】FANZA!18禁RPG・カードバトル・SLG選び放題